2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017.02.11 (Sat)

ガス小売の全面自由化を控えて電気も見直し

電気購入先を昨年検討した四社で比較してみます。


中部電力の従量電灯メニューを基準にすると

【固定割引】
  ★中部電力 おとくプラン
  ★東邦ガス ファミリープラン
  ★スマ電 しっかり!スマ得ホームプラン   以降「スマ電@無印」
  ★スマ電 ホームプラン(アピタ・ピアゴ提携)  以降「スマ電@AP」

【従量割引】
  ★auでんき
  ★スマ電@無印
  ★スマ電@AP

に分けることができます。
スマ電は両プランとも固定・従量併用割引になってます。

スマ電が、昨年と大幅にプラン内容が変更になってます。
検討するに値しなかったスマ電がどう影響してくるか?

スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。 ジャンル : 日記

22:33  |  マネー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.11 (Sat)

ガス小売の全面自由化を控えて各社の料金体系を検討

電力小売の全面自由化が実施されてから、まもなく一年が経過します。
そして2017年4月からはガス小売の全面自由化が始まります。
これにより、電気とガスのセット割という選択肢も出てくることでしょう。
確認してみたいと思います。


  …ガス小売参入業者が電気の時と比べて少なくないか?


中部電力は既に参入表明済みです。
その他は

  au → 中部圏での参入表明見当たらず(関西電力とは提携)
  スマ電 → 参入表明見当たらず 

と、ガスに関しては現状では選択肢は少ない模様。
さらに、電気とガスのセット割引があるのは中部電力のみ



では、具体的に検討を。

  過去数年における最大使用量は50㎥未満

使用量が20㎥までは基本料金、従量料金単価ともに両社に差はありません。
20㎥を超えると

  基本料金    東邦ガス < 中部電力
  従量料金単価  東邦ガス > 中部電力

これではどちらがお得なのか分かりません。

そこで我が家の2016年の実際の使用量で試算。
理論値※ですが、中部電力の方がお得という結果になりました。
  ※従量料金単価は各HPに掲載されている単価を利用
中部電力HPのガス代シミュレーションでも、ほぼ同じ結果。

ただし、東邦ガスにはClub TOHOGASという会員サービスがあります。
Club TOHOGASで貯まるがすてきポイントは支払いに当てることができます。
このポイント、パンフでは年間最大1,000円お得とあります。
しかし、ガスと電気両方契約した時の最大値らしく
  ガスの毎月の使用量照会で10P
  電気の毎月の使用量照会で10P
  コンテンツの毎月照会で5P
としか分からず、その他にもポイントGET!と内容が不明です。


これは電気も含めて、トータルで見直しをする必要がありそうです。

テーマ : 今日のつぶやき。 ジャンル : 日記

00:53  |  マネー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |